ちむどんどん主題歌が決定!読み方と意味は?

ちむどんどん主題歌が決定!タイトルの読み方と意味は?
画像は本記事とは関係ありません。

4月スタートのNHK朝ドラ「ちむどんどん」の主題歌が発表されました。

やはり予想通り、沖縄県出身のアーティスト三浦大知さんが担当します。

私が書いた予想記事はこちら → ちむどんどん朝ドラの主題歌を歌うのは誰?独自&ネット予想のまとめ!

今回は、三浦大知さんが歌う主題歌のタイトル、そしてその読み方と意味を調べました。

この記事を読むと分かること

・朝ドラ「ちむどんどん」主題歌のタイトル名、読み方と意味
・朝ドラ主題歌に採用された三浦大知さんのコメント

スポンサーサイト

目次

ちむどんどん主題歌のタイトル名、読み方、意味は?

ちむどんどん主題歌のタイトル名

朝ドラ「ちむどんどん」主題歌のタイトルは、

「燦燦」

ちむどんどん主題歌「燦燦」の読み方

主題歌のタイトル「燦燦」の読み方は、

燦燦 = さんさん

と読みます。

ちむどんどん主題歌「燦燦」の意味

「燦燦」(さんさん)の意味は、

太陽が明るく光り輝く様子、あざやかで美しい様子

という意味です。

よく、「太陽がさんさんと照り付ける」と夏の時期に耳にしませんか?

その”さんさん”ですね。

「ちむどんどん」のヒロインは沖縄生まれ、やはり沖縄の太陽のイメージを意識して「燦燦」というタイトルにしたのではないでしょうか。

主題歌を歌う三浦大知さんのコメント

今回の主題歌「燦燦」は、作詞が三浦さん、作曲はUTAさんと三浦さんで担当されています。

主題歌を担当する三浦大知さんのコメントです!

「とてもあたたかな光を感じられる“手紙”のような1曲、『燦燦』が完成しました。みなさんの心のそばにそっと置いてもらえるような、そして聴いてくださったみなさんが大切な人へ贈りたくなるようなそんな曲になれば嬉しいなと思います」

音楽ナタリー より引用 https://natalie.mu/music/news/469415

今回の主題歌である「燦燦」の音源はまだ流れていないので、どんな感じの楽曲であるか分かりませんが、

1日の始まりである朝に流れるのにふさわしい明るく元気が出る曲ではないでしょうか。

今から、放送が楽しみです。

スポンサーサイト

ちむどんどん主題歌が決定!読み方と意味 のまとめ

NHK朝ドラ「ちむどんどん」

主題歌:三浦大知「燦燦」

「燦燦」の読み方 → さんさん

「燦燦」の意味  → 太陽が明るく光り輝く様子、あざやかで美しい様子



目次
閉じる