コーヒーニューニューCMに使われている曲は?日本の有名アーティストもカバー!

コーヒーニューニューCMに使われている曲は?日本の有名アーティストもカバー!

4月12日にサントリーからクラフトBOSSの新商品「コーヒーニューニュー」が発売されました。

すでにCMが流れていて「クラフトBOSSから新登場、本当の名前はホントの名前はミルキープレッソ」というセリフの後ろで流れているテンポのある曲が気になります。

そこで今回は、コーヒーニューニューのCMに使われている曲について調べてみました。

この記事を読むと分かること

・コーヒーニューニューのCMに使われている曲
・コーヒーニューニューの口コミ

スポンサーリンク

目次

コーヒーニューニューのCMに使われている曲は?

フランス語で歌われている楽曲、フランスの楽局なのでしょうか?

そこでネット上で調べてみました。

フランソワーズ・アルディ(Françoise Hardy)の「さよならを教えて」

コーヒーニューニューのCMに使われている曲は、フランスのシンガーソングライター・フランソワーズ・アルディ(Françoise Hardy)が1968年に発表した「さよならを教えて」という曲であることが分かりました。

マーガレット・ホワイティング(Margaret Whiting)の「It Hurts to Say Goodbye」


さらにフランソワーズ・アルディの「さよならを教えて」には原曲があり、アメリカのマーガレット・ホワイティングが歌う「It Hurts to Say Goodbye」がオリジナルだということが分かりました。

フランソワーズ・アルディの「さよならを教えて」は、マーガレット・ホワイティング(Margaret Whiting)の「It Hurts to Say Goodbye」にフランス語の歌詞をつけた曲です。

松任谷由実の「まちぶせ」

日本では、石川ひとみさんや松任谷由実さんが「まちぶせ」という曲を歌っていますが、どれも「It Hurts to Say Goodbye」のオマージュと言われています。

スポンサーリンク

コーヒーニューニュー(ミルキープレッソ)の口コミ

コーヒーニューニュー(ミルキープレッソ)のネット上の口コミ(感想)は、今のところ高評価です。

コーヒーというと、飲んだ後に残る ”苦味” を嫌う方がいますが、”甘くてまろやか”という感想が多いですね。



コーヒーニューニューCMに使われている曲 のまとめ

コーヒーニューニューのCMに使われている曲は、

フランソワーズ・アルディ(Françoise Hardy)の「さよならを教えて」


「さよならを教えて」の原曲は、

マーガレット・ホワイティング(Margaret Whiting)の「It Hurts to Say Goodbye」



目次
閉じる